あがり症治療で克服を成し遂げた人たちのブログやサイトを収集してみました

管理人はあがり症で中学生の時から苦しめられてきました。人前での発表をしなくてはいけない日には仮病をしていました。社会人になっても逃げ続けてきました。しかし中間管理職になり人前で発言をしたり説明をしなくてはいけない立場になり、逃げることができなくなりました。そして、あがり症のせいで退職を選択しました。悔しかったです。あがり症を呪いたかったです。あがり症治療をしても治らない自分が大嫌いになりました。これを繰り返してほしくないと思い、あがり症でつらい経験をお持ちの皆さんに役立つ情報を集めています。必ず克服してい

あがり症治療の末克服した人のブログやサイトを集めてみました part01 

 

あがり症男があがり症をあがるまで 

毎日が不安だった。予期不安というやつだ。あがるかもしれない場面をいつも思い浮かべ怯えていた。どれだけエネルギーを無駄に浪費しただろう。そのくせ万全を期して会議や朝礼に臨んでも、理想通りにいったためしがない。なんにも準備しない人間が普通に平気でやりやがる。これほど屈辱的で落ち込むことはない。すべてにおいて自信がなくなってくる。

今は違う。あがり症の渦からあがることができた。ある人の脳覚醒技術によって、俺は心のコアからあがり症のメカニズムを破壊できた。ひいては俺のあがるルーツをリセットすることができた。どんな対策をとっても悪化していた流れがそれで一変した。感謝しつくせないほどだ。俺の人生はぎりぎりのところで救われた。

人間が変わる時、それは自然に事が進む。不自然な過度の緊張が自然になくなっていくものだ。そんな経験をした。