あがり症治療で克服を成し遂げた人たちのブログやサイトを収集してみました

管理人はあがり症で中学生の時から苦しめられてきました。人前での発表をしなくてはいけない日には仮病をしていました。社会人になっても逃げ続けてきました。しかし中間管理職になり人前で発言をしたり説明をしなくてはいけない立場になり、逃げることができなくなりました。そして、あがり症のせいで退職を選択しました。悔しかったです。あがり症を呪いたかったです。あがり症治療をしても治らない自分が大嫌いになりました。これを繰り返してほしくないと思い、あがり症でつらい経験をお持ちの皆さんに役立つ情報を集めています。必ず克服してい

あがり症が辛い、辛いすぎる。絶望感の真っ只中にいる人へ、希望はあります

あがり症は辛いけれど克服する希望がある。治った男からアドバイス

あがり症は辛いけれど克服する希望がある。治った男からアドバイス

あがり症が治った人だけがあがり症でつらい日々を過ごしている人を救えるのだと勝手に自負して、ブログを書いています。
希望はまだまだあるんだということをまず言いたいです。

 

 

あがり症が治らないのは辛いですよね。

このまま会社にいても苦しい思いをするだけだから、あがらないような会社に転職しようとしたら、ますます人生がしりすぼみになっていきます。

 

ただ一つのあがり症という弱点があって、治らないままでいたら、当然そういう考えにななりますが、あがり症さえなくなればどうにでもなるとも言えます!

 

だから希望を失わず、頑張ってください。

 

あがり症の辛い日々が、過去を振り返って「あんなことがあったな」と感傷に浸れるようになるといいですね。

 

 

あがり症の辛い毎日から脱出するには、逃げ続けることでも薬を飲むことでもありません。

 

あがり症は根っこから破壊して、解決できるんだということを言いたいです。

 

治らないのは、根っこに原因がまだあるからです。

 

根っこは潜在意識と無意識下にあります。

 

そこにどうしてもあがってしまう心の傷があります。

 

傷があるから、また同じことが起きたらどうしようと不安になり、緊張を増やします。

 

まだあがってもいないうちから不安に襲われて、やっぱり本番でも同じ失敗を繰り返してしまう。

 

これを繰り返していたら、潜在意識下に「あがって当然」「あがらないほうがおかしい」という実績ができてしまいます。

 

潜在意識には顕在意識の力は及ばないから、あがり症は治らないんですね。

 

 

逆に潜在意識下の根っこの原因を解決できたら?

 

つまり「あがる必然性はない」「緊張は悪ではない。当たり前だから」と教え込めたら?

 

これまでの辛い日々は確実に少なくなっていくでしょう。

 

あがり症が治る時は、緊張してあがってもいいと、心と脳が覚悟を持てて、受け入れることができた時です。

 

そこを発端として、必要以上の緊張状態から解き放たれ、あとは『前よりも上がらなくなった』実績が積み上がっていくだけです。

 

あがり症が治らないのは、そのプロセスを経ていなかったからに過ぎないんです。

 

希望を持ってください。

 

前よりもあがらなくなった喜びの末に、あがり症の辛い日々は終わるんです。

 

潜在意識(無意識下)がとにかく重要です。

 

治らないのは潜在意識の問題だからです。