あがり症治療で克服を成し遂げた人たちのブログやサイトを収集してみました

管理人はあがり症で中学生の時から苦しめられてきました。人前での発表をしなくてはいけない日には仮病をしていました。社会人になっても逃げ続けてきました。しかし中間管理職になり人前で発言をしたり説明をしなくてはいけない立場になり、逃げることができなくなりました。そして、あがり症のせいで退職を選択しました。悔しかったです。あがり症を呪いたかったです。あがり症治療をしても治らない自分が大嫌いになりました。これを繰り返してほしくないと思い、あがり症でつらい経験をお持ちの皆さんに役立つ情報を集めています。必ず克服してい

極度のあがり症治療と克服

あがり症治療がなぜうまくいかないのか。私があがり症克服したその瞬間。

まずはあがり症解決のためのヒントから。 あがり症で人前でのスピーチ、発言、プレゼンテーションが苦手な人の中に、案外一対一は平気、少なくとも一対大勢よりもはるかに気が楽という人が多いと思います。 みんなの視線が自分ひとりに注がれ、その一挙手一…

社会不安障害(あがり症)がなぜ治らないのか? 治るために知らなくてはいけないこと

あがり症も社会不安障害も克服できない、いっくら頑張っても悪循環の連鎖で突破口が見えない人へ。 心が折れて諦めてしまいたくなるけれど、諦めないでほしいです。 確かに、特に社会人はこの悩みで、どれだけ悔しい思いをして不安を抱えて生きてきたか。 私…

極度のあがり症でスピーチやプレゼンが大の苦手な私が克服できたきっかけ

「おちつけ! 大丈夫! 平気だ! やれる!」 こんな自己暗示を徹底的に叩き込んで、私は逃げ場がないプレゼンや人前でのスピーチに臨んでいました。 でも、うまくいった試しがありませんでした・・・・。 同じ悔しさと苦しさと「なぜ??」を経験している方…

極度のあがり症で出世街道を捨てた男 あがり症治療が上手くいかない転落の人生になりました

極度のあがり症だった私は、いつも逃げ回っていました。 まだ許容される範囲であった「俺、あがり症なんだよ~」と言えていた頃は、逃げ回っているうちにあがり症が勝手に治ると思っていました。 さらに自分はあがり症で社交不安障害(SAD)だとはっきり認識…